忍者ブログ
2009.6.26設置 中国在住のあう〜のゆるいブログ。 中国生活、Macのこと、テニスやマンガに関することを書いて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝起きたら、杖無しで歩けるようになってました。
今回はやっぱ軽かったんやな、痛風。

昨日もウチの社員の訪問を受ける。
一人はわざわざお昼用のお弁当を持って来てくれた。
結構おいしかった。
それを日本から送って貰った探偵ナイトスクープのdvdを見ながら食べた。

午後は別の社員が3人やってきた。
くだものセットや牛乳パック、その他鶏肉を真空パックにしたものなど。

う〜む、それなりの病気とかでの入院やったらまだええんやけど、数日で治る痛風でこんなにしてもらうと申し訳ないやら恥ずかしいやらかっこ悪いやら(^^;

またお礼せんといかんな。

拍手[0回]

PR
前回は確か2007年頃だったと思う。
前回といっても、それが一回目やったんやけど。

そして今朝からが二回目。

何の事を言ってるかというと、。。。痛風が出ちゃいました(^^;

多分痛風で間違いないと思うわ。
全然身に覚えがないのに急激に痛みだしたから。
もう出ぇへんと思っとったんやけどなぁ。

通常痛風って足の指の付け根が一般的なんやけど、あくまで一般的という話。
私の場合、一回目は左手中指の付け根やった。
そして今回は右足首。

足首なんで、歩かれへん(^^;

仕方ないのでこの前買ったお気に入りのモップを杖代わりにしてよたよたと部屋の中を移動。モップの先端は棒そのものなので、松葉杖のように脇に固定できないから結構不便。でもまぁ無いよりマシでしょう。

そんな訳で今日は会社への出社は取りやめて自宅で出来る業務を実行。
部下に対しても、休むから今日の仕事内容に関するメールを送付する。
そうしたらそれぞれから温かい言葉と共に痛風に関する予防法や対処法などの資料が沢山送られて来た(笑)
心配してくれるんはありがたいことです。
この土日で治ったらええんやけどなぁ。

幸いなことに食料は買ってあったので、当面は生きて行けそうです。
それにしてもかっこ悪いなぁ。
痛風って、結構笑われる病気やからなぁ。

そんなこんなで夕方になった時、会社のみんなが様子を見に来てくれました。
ウチの工場の片隅で作ったと見られるお手製の松葉杖も持って来てくれた。
ああ、やっぱモップとは違うわぁ。
かなり楽。
性能の違いをヒシヒシと感じさせるわぁ。

水のペットボトルや、おいしそうな梨も一緒に買って来てくれました。
更に薬や湿布も。
これは私がお医者に行くのは嫌やと言うたせいもあります。
まぁ、前の時よりはだいぶ痛みもマシやから。
前の時は僅かに動かしただけで飛び上がるくらい痛かった。
じっとしていたらそれほどでもない。

そのあと食事に連れてってもらったんやけど、よたよたと松葉杖で歩く私の姿が皆の笑いを誘った。はずかしいなぁ。

でもこうやって色々とお世話を焼いてくれて、異国の地で暮らすには結構心強かった。

拍手[0回]

昨夜は会社の社員宅に食事に招かれました。
食事会を開いた理由は、大切に育て上げたガチョウを食べる日が来たから(^^;

料理になったガチョウの写真も撮ったんやけど、見たら引く人もおるやろうから掲載は思いとどまりました。

なんやかんやと楽しかったな。
こうやって和気あいあいとみんなで食事してたら、今の日中関係や反日デモとかは別世界って感じがするなぁ。

拍手[0回]

今日は仕事が終わってから買い物に行って来ました。
といっても、食事をした後だったのでデパートに行ったのは大体7時半くらい。

最初はネスカフェ・ゴールドブレンドを買うだけのつもりやったんやけど、暖かそうな部屋着の上下が安く売っていたので、それを買ったり、私には珍しく色んな物を見たりして8時半くらいまでお店にいました。

ちゅうか、この時間やのに食料品売り場とか、人多っ!!

人でごった返してる。

この前久々に日本に帰国した時に思ったんやけど、日本って都市部の繁華街は別として、基本的に夜はひっそりとしてる。
スーパーも18時〜19時くらいはお客さんが多いものの、20時を越えると落ち着いて買い物できるくらい、人はまばらになる。

一般的な街にしても繁華街でなければそんなに人はいないんやけど、中国はなんせ人出が多い。みんなの生活リズムはどないなっとんかなぁ。

だからといって朝が遅い訳でもなく。
朝7時には結構人が繰り出していて、屋台の揚げパンやら小龍包やらが出て人が群がってたりするし、公園には太極拳などの練習をする人達のグループもおる。

携帯電話の店舗も、朝8時にはオープンしとるしなぁ。

そんなごった返す20時半の食料品売り場で人の間を縫って進んで行くと、パンを販売する一角が見えて来た。

ちゅうか、今まさに焼き上がったばかりのパンが出て来たんですけど(^^;

う〜む、この時間に焼き上げても売れちゃうんやろ〜なぁ。

拍手[0回]

今日は久しぶりに羊肉の串焼きバーベキューのお店に行って来ました。
ほぼ一年ぶりとちゃうやろか。

炭火で串にささった羊肉や、魚、しいたけ、その他諸々を焼きながら食べるお店で、実は中国に来て、心の底からおいしいと思っているのがこのお店だったりしました。

ところが、どうもお店のオーナーが変わったらしく、以前とはだいぶ違ってました。

一番大きな違いは、以前は穴の開いた机に炭がセットしてあって、そこで焼きながら食べてたんですが、今は表で店の人が焼いて、焼いたものを持って来るというのが基本というお店に変わってました。

多分その方がコスト削減になるんやろうけど、焼きながら熱々を食べるというのが醍醐味やのに。

そんな訳で私らは「自分で焼く!」
と言い張って、めんどくさそうな顔のお店の人に炭を準備してもらい自分たちで焼く事に。
けれど以前は金属製の串に刺さっていたものが、細い木の串に変わってました。
なので気を付けないと串も燃えてしまいます。

ビールを頼んでもコップはめちゃめちゃふにゃふにゃの使い捨てカップ。
ビール冷えてないしっ!(怒)
しかも以前なら付けて食べるスパイス(粉もの)をお皿に盛ってくれていたのに、胡椒の容器のような、ちょろちょろとしか出ない物に変えられてました。

う〜む、やっぱり中国とはいえコストダウンせんと生き残れないんかなぁ。

こんなふうに不満は多々あったんですが、魚を串焼きで食べられるというのはやはり魅力。ヘンなタレなんかかけずに塩焼きにして食べる。
やっぱ魚はこの食べ方が一番やなぁ。

今日は二人で食べに行ったんですが、お腹いっぱい食べて70元(今のレートなら860円程度)でした。まぁ、味や店の内容は以前の方が良かったんですが、慣れたら許容範囲というところでしょうか。

なんやかんや言って、結構満足して帰って来ました。

拍手[0回]

9月末から10月初めにかけて一時帰国をしておりました。
前回の帰国からこっち、慌ただしくてめちゃめちゃ忙しかったので、意外と早く帰国できたなぁというのが正直なところ。
今回は中国の国慶節の長期休暇に合わせた帰国でした。

さて帰国期間中ですが、久々に嫁さんとどこかに行こうということで、中国に居る時に色々と探していたんですが、明石海峡大橋の上に登るイベントツアーを見つけたので予約をしてました。

当日の天候が心配されたんですが、めちゃめちゃ良い天気でした。

このツアーは「明石海峡大橋ブリッジワールド」というツアーで、ご存知の方もいるかと思います。

現在世界最大の吊り橋である明石海峡大橋の出来るまでや、資料館での説明を受けた後、橋の道路の下のグレーチングの道路を通り主塔まで歩いて行き、エレベーターで主塔のてっぺんまで登るというツアー。

天気が良かったのでめちゃ張り切って出かけたんですが、それなのに、ああそれなのに、デジカメを忘れる(笑)

このツアーは最初に橋の建設作業の記録映画を観せられ、資料館でも色々な橋梁技術の説明を受けます。その後、ようやく橋へと向かう訳です。
ちゃんとヘルメットをして、携帯などは必ずストラップで首にかけて行きます。
なんせ主塔の高さは約300mなので、落下物は大事故に通じます。

そんな訳で掲載写真は携帯で撮った画質の悪い写真です。



これが橋の道路の下にあるグレーチングの通路。
結構広くて作業用の車が通ったりする通路です。
主塔までの距離は1km。
しかもこのように



真下の海がめちゃめちゃよく見えます。
これって、高い所があかん人は動かれへんようになるやろなぁ(^^;

そして主塔につくと作業用のエレベーターでてっぺんに向かいます。
このごつごつとして、観光用に作られていないモロ作業用の設備の質感が男心をくすぐります。

そしてこれが上からの風景。



明石市を見たところです。
絶景ですなぁ。

淡路島側がこちら



眺めが最高やなぁ。

途中でフェリーが橋を横切りました。
いかに高い所に登っているかがよく解るわ。
そうそう、もう今では見ることが出来なくなった、たこフェリーも見ることができました。この日は10月01日。たこフェリーは10月03日で終了し、タイへ向かったので、最後の勇姿を見られたと思います。



明石海峡大橋にはライトアップのためのライトがワイヤー部分についています。このライトは光の三原色の三つで、様々な色の組み合わせができるようになっています。
このライトのパターンの資料も頂きました。

なんと阪神タイガースが優勝した時のバージョンも既に考案されていたようなのですが、ペナントレースでは点灯することが出来ませんでした。う〜ん、残念。
クライマックスシリーズに期待というところなのですが、これまた厳しそう(泣)

ちょうど私たちが登った時には、ライトの点検の為に作業者の方がワイヤーを伝って降りて行ってました。観てるだけでコワいわぁ(^^;



真下の眺めも写してみました。



橋の上ではツアーメンバーで記念撮影。
個人的な撮影も、係の方が丁寧に対応してくれました。

そうして来た道を戻って最初の説明を受けた場所に戻って来るのですが、机の上には先ほどてっぺんで写した写真がそれぞれの席に置かれています。
この写真はツアー料金の中に含まれているので追加料金は無しです。

最後にはおみやげとして登ったという認定書も頂きました。
そしてなんと、出発前に観た記録映画のDVDか、実際に使用されたのと同じワイヤーの切れ端のどちらかを貰えます。
私達は二人で行ったので両方頂きました。

どちらも欲しかったのでめちゃ嬉しかった。

このツアー、料金は3000円で予約制。
最初は料金高いなぁと思っていたんですが、かなり至れり尽くせりで、非常に満足感が高く、私は妥当だと思いました。

まだ行ってない人で、ご興味のあるかたは是非行ってみることをお勧めします。


話は変わって今回の帰国、丁度良い時期に帰れたと思います。
というのも、自宅の無線LANの調子が悪くなり始めていたからです。
無線LANは2001年の年末に購入したApple製のAirMac(スノー)
我が家では「キノコちゃん」と呼んでおりました。



丁度帰国する少し前から、「最近キノコちゃんの具合が悪いねん」と家族が言っており、ネット接続が出来ない事が多発しておりました。

日本宅ではデスクトップのiMac(intel core duo)を使用しているのですが、ネットは無線接続。eoネットの機器までの距離があるので、有線接続は家族では無理だし、新たな無線LAN設定も多分無理(というか拒絶反応(笑))なので、ホントこのタイミングで帰れて良かったわ。

一応調べてみると、やっぱりキノコちゃんがヘタって来ていたようでした。それでAirMac を買って来て接続。快適な接続環境が戻って来ました。

AirMac Expressのデザインより、やっぱ昔のキノコちゃんの方がかわいくて良かったんやけどなぁ。

そういう訳で、キノコちゃん約9年間おつかれさまでしたと最後の写真撮影を経て、私のAppleコレクションの仲間入りをすべく、当時の箱に収納して保管されることになったのでした。

拍手[0回]

今は銭塘江の大逆流の季節。
毎年中秋のこの時期は潮が満ちて来ると海から川に向かっての大逆流が起きます。
ここしばらく、テレビのニュースでよく映像が流れています。

それにしてもかなりダイナミックな映像。
さすが大逆流っていうだけのことはあるわ。

場所はこちらです。



ただ、大逆流を見に行っている人が、予想を遥かに越える逆流に、多数飲み込まれてる。だからテレビでもくどいほど注意を呼びかけてます。

なんちゅうか、まるで津波みたいやわ。怖ぁ〜っ。
川沿いに止めてる車もひっくりかえってるし。

ここのところずっとそういう映像がテレビで流れてるのに、飲み込まれる人は後を絶たない様子。ちゅうか映像見てても一人二人やないもん。飲み込まれてるの。
めっちゃ危ない。

日本ではあまり人が災害にあう映像っていうのは見る事が無いので、見ていてちょっと引きます。

そういえば日本だったら死体の写真とかはテレビでは絶対に放送しないんやけど、こっちは普通に放送してる。
この前消防署主催の工場火災についての講習があったんやけど、黒こげの死体とか普通にスライドに出て来た(><)

日本はなんで見せないのと、言われたんやけど、そういう写真や映像は刺激が強過ぎるというのもあるんやけど、亡くなった人の遺族からすると、やっぱ載せないに越した事はないと思うんやけどなぁ。

さて、尖閣諸島問題。今日は船長の釈放が決まったり、別件で日本人がこちらで拘束されたりと、ちょっとややこしい事態になってますね。
こちらのニュースでもガンガン放送するのかと思いきや、放送的には淡白な感じです。そのへんは事が大きくならないように配慮してるんかなぁ。

とりあえず、私の周辺(狭い範囲ですが)はいつもの日常が流れています。

拍手[0回]

来週日本に一時帰国する訳ですが、今回はウチの中国人社員も一人連れて行く予定。
で、彼が日本に行った時にデジカメなどが欲しいというので、色々と調べてみました。

実際、CANONのIXYや、SONYのCYBER SHOTなどは中国のテレビでも宣伝していて、中国でも買えるんやけど、中国で買うと2〜3割日本より高いんやね。
その他ブラウンのひげ剃りとかでも、中国で買うと高い!

中国=安いというイメージは、やっぱこういう家電には通じないんやね。

私が今中国で使っているデジカメは、中国メーカーの中国製。
あまり写真にはこだわりが無いからなぁ。

ただこの中国製カメラ、私が感心した点があります。
それは多言語対応。
実に13の言語に対応してます。
買った時は中国語やから解りにくいやろうなぁと思ってたんですが、普通に日本語環境で使えたので、ちょっと感動したのを覚えています。
お値段的にもそんなに高くない日本円で17000円程度。

当然日本のデジカメもそうなんやろうと思ってたんですが、今回調べてみて驚きました。
CYBER SHOTは日本語のみ。CANONのIXYやRICOHのGR DIGITAL IIIでさえ日本語と英語のみ。

中国で買うならば、中国語対応になってるんやけど高い。
日本で買ったら安いけど中国語非対応。

中国に人にとったら痛しかゆしやなぁ(^^;

まぁ確かにユーザーにとっては母国語以外は無用の機能ではあるんやけど、昨今、中国の観光客が日本に来て電化製品を沢山買ってることを考えても、他言語対応してたらいいのにと思うわ。
付属CDの中に各国語の説明書入れてるくらいなんやから、カメラ自体も対応するんはそんなに負担じゃないようにも思うけどなぁ。

拍手[0回]

9/29から一時帰国することになりました。
中国の10月は国慶節で長期休暇があるんですよね。それに合わせての帰国です。

日本に帰国するたびに季節が違うっていうんもなんかヘンな感じやなぁ。
ただ今回は日本での仕事も結構入っているんで、そんなにゆっくり出来ない感じです。

例年、この時期は上海にて男子テニスのATPマスターズの一つ、上海マスターズがが開かれていたので、いずれそこでナダルを生で見たいと思っていたんですが、ナダル、今年初めて日本に来て楽天ジャパンオープンにも出場するんですね。
ちょっとびっくり。
でもやっぱり東京に来るんやから、私の日本の住居からしたらちょっと遠過ぎるなぁ。

できれば兵庫県三木市のビーンズドームに来て欲しいんやけどな(笑)
それなら余裕で見に行けるのに。
あそこはチャレンジシステム使えるもんな。

さて、最近日本と中国の関係が尖閣諸島の中国漁船衝突問題からぎくしゃくしていて、上海の日本総領事館にも注意喚起の呼びかけが出ていたりします。
私の周辺では見たところ何も起こっていませんが、まぁしばらくは遠くまで一人で足を伸ばすのは控えようかなぁと思っています。

実は今日、明日と秋分の日関係で二連休なので、ぶらっと一人で蘇州市にでも行こうと思っていたんですが、今回は自粛しておきましょう。

そんな訳で今日は朝からインターネットでロンドンハーツを見て笑って過ごしています。

拍手[0回]

テニスのUSオープン男子シングルス。
スペインのRafael Nadal が優勝しました(喜)
大のNadalファンの私としてはこれ以上ないシーズンの最後の締めくくりとなりました。

今回、R.Federerとの決勝戦に期待していた方も多いと思いますが、私はN.Djokovicの方が好きなので、彼とNadalとの決勝戦を見たいと思っており、ホントこれ以上ない決勝カードでした。
Djokovicには残念な結果となってしまいましたが。
それでも見応えあったと思います。

中国でも生中継されていたので、朝4時半に起きて見ましたとも。
ただ前日は雨で中止。そのかわり準決勝のR.Federer,N.Djokovic戦の録画を放送していたので、それも見ました。

今日の決勝も、第二セットの途中から雨が降り出したので、ひょっとして明日に延長するんやろうかという風に思ったんですが、結局再開し、出勤中に勝負が着いてしまったようです。

それにしても今期のNadalの強さの特筆すべきはやっぱサーブの向上やろなぁ。
凄く威力が増してる。だからサービスキープ率も凄いもん。

だた、今日の第一セットはファーストサーブの確立が悪くて、ひょっとしてまたどこか故障したんやろうかと心配したのですが、その後は尻上がりに良くなりました。
雨による中断は、その直後、今大会はじめてセットを失ったものの、良い方向に働いたんやろうか?(見れなかったんで解らん。。。)

ちゅうか非常に大事な第三セットで、ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率が94%ってごっついよなぁ。

それにしても優勝の瞬間を見られなかったというのは残念でなりません。

さて、これでNadalはキャリアグランドスラムを達成した訳ですが、その上、2008年にはオリンピックで金メダルを獲得してます。テニスがオリンピックに採用されたのは最近のことなので、Andre Agassi以来、二人目のキャリアグランドスラム&オリンピック金メダルを達成した選手ということになります。
ホント凄いっす。

Felicitaciones ! Rafa !

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
カウンター
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新CM
[04/22 立石 圭二]
[11/28 あう〜]
[11/28 tetsu]
[11/19 あう〜]
[11/18 Y・H2]
プロフィール
HN:
あう〜
HP:
性別:
男性
趣味:
テニス、お絵描き、あと最近アニメも観始める。
自己紹介:
現在、中国は江蘇省太倉市に在住。
2000.4月から2002年3月までホームページを開設していましたが、環境が忙しくなり閉鎖。
現在はある程度時間がとれるようになったので、ゆるゆると活動していこうと思っています。
H.N.の由来は、SEGAのVirtua Fighterのウルフ使いだから。SEGAのゲームをこよなく愛している。
ブログ内検索
たこやき
バーコード
P R
フリーエリア
深海特急- <-< 海ホタル >->- Produced by あう〜
スノーマン Designed by がりんぺいろ 独自ドメインブログ
忍者ブログ [PR]