忍者ブログ
2009.6.26設置 中国在住のあう〜のゆるいブログ。 中国生活、Macのこと、テニスやマンガに関することを書いて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

綿棒

ちょっと小さくて解りづらいかも知れませんが、これ何か解ります?
そう、綿棒です。でもなんで綿棒?
まぁまぁそうせかさずに。今からお話します。

中国に赴任するにあたり、一応B型肝炎の予防接種を受けました。
この予防接種は期間を開けて三回射つのが基本です。
一回目の一ヶ月後に二回目を。その半年後に三回目を。というふうに。

で、三回目が今年の6月だったんですが、当初は帰国する予定があり、その時にいつものお医者さんで射てばいいやと思ってたんですが、予定が変わり帰国出来なくなり、中国で射つことにしました。

日本での場合、私が射ったのが普通の町医者だったせいもあってか、一週間前に予約しないと、ワクチンが取り寄せらませんでした。また射った後、具合が悪くなる可能性があるので、30分は待ち合い室で待機させられました。
代金は一回6000円。高いなぁ。

で、おとといの話。会社で
「6月中に射たなあかんねん。」
と、通訳の人に私が言うと、
「じゃぁ今日行きましょう」
と、病院に連れて行かれました。
「え?ワクチンあんの?」という私の疑問は無視されて病院へ。
とりあえずいくらかかるのか解らないのでお金は多めに持って行き、パスポートと就業許可証を持参。受付に行くと、直接処置室に行ってくれと言われ処置室へ。
そこで申請書を書いたんですが、日本では色々と問診があるのに、書いたのは名前と接種名の「乙型(B型のこと)肝炎予防接種」ということだけ。

そのあと先生が書いた伝票を渡され、別の場所でお金を払う。お金を先に払わないと射って貰えないみたい。で、その領収書を先生に渡す時に、私の名字にあるの漢字の「島(しま)」が「鳥(とり)」になっている事を発見。

「あの、字が間違ってます」
先生は笑ってそのまま(^^;

そしてすぐに注射を開始。
注射針を抜く時に、日本では脱脂綿で押さえ、その後パッチを貼ってもらえますが、中国では脱脂綿ではなく綿棒で押さえます(^^;パッチは貼ってもらえません。
それが写真の綿棒です(笑)あ〜長かった。

私は数分間、注射跡を綿棒で押さえた間抜けな格好で、まるで「つげ義春」の「ねじ式」やなとヘンな事を考えていました。日本の病院のように30分待機もなく、ソッコ〜で病院から出ました。

それにしても、パスポートも保険証もいらなくて、言ってみればお金を払えば特に何を確認するでもなくすぐに接種してくれる、いわゆる、ゆきずり接種っていうのに軽いカルチャーショッックを覚える。
そして気になるお値段ですが、、、、
79元(^^; 日本円に換算すると(79×15=1185円)安っ!安っ!安っ!
三回も言うてもたっ
ちゅうか安過ぎるんとちゃんのん??

ほんま大丈夫なんか???(><)




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
カウンター
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新CM
[04/22 立石 圭二]
[11/28 あう〜]
[11/28 tetsu]
[11/19 あう〜]
[11/18 Y・H2]
プロフィール
HN:
あう〜
HP:
性別:
男性
趣味:
テニス、お絵描き、あと最近アニメも観始める。
自己紹介:
現在、中国は江蘇省太倉市に在住。
2000.4月から2002年3月までホームページを開設していましたが、環境が忙しくなり閉鎖。
現在はある程度時間がとれるようになったので、ゆるゆると活動していこうと思っています。
H.N.の由来は、SEGAのVirtua Fighterのウルフ使いだから。SEGAのゲームをこよなく愛している。
ブログ内検索
たこやき
バーコード
P R
フリーエリア
深海特急- <-< 海ホタル >->- 一抹の不安(^^; Produced by あう〜
スノーマン Designed by がりんぺいろ 独自ドメインブログ
忍者ブログ [PR]