忍者ブログ
2009.6.26設置 中国在住のあう〜のゆるいブログ。 中国生活、Macのこと、テニスやマンガに関することを書いて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜は火鍋を食べに行きました。
火鍋はその名の通り辛い鍋料理なんやけど、こっちでも辛いのが苦手な人っているので、お鍋が真ん中から仕切られているタイプのものでいつも食べてる。片方が辛いダシで、もう一方が辛くないダシ。

丸テーブルの真ん中にお鍋を置くんで、座る位置が非常に重要な意味を持ちます(笑)
大人数の場合はまだ何とかなるんやけど、昨夜は四人だけやったんで、成り行き的に辛い方に座る事になった。

まぁ、四川の火鍋よりは辛くないとはいうものの、結構辛いわぁ。しかも苦手な紹興酒が出て来るし。

そんな訳で、今日は朝から二日酔いプラスお腹の具合の悪さに苛まれる(^^;



最初、お昼は家でご飯でも炊いて、適当に食べようと思ってたんやけど、なんかそ〜ゆ〜気力もなく、休日によく行く日本料理のお店に食べに行くことに。
歩いて15分くらいの所にあるお店で、お昼は定食とかがある。日本で食べるよりは味は落ちるんやけど、普通にご飯とみそ汁付きで食べれるんがありがたい。

ところがてくてく歩いて行く内に、ちょっとお腹の具合がやばくなってきた。急いでお店にたどり着き、トイレに直行。ここのお店のトイレは初めて使うわ。

さあ、ここで賢明な方は予測できとると思う。

そう、そこにあったのはあのトイレです(^^;
レベル2のトイレです(笑)

中国のトイレを私は勝手にレベル分けしてます。

レベル1(初級) 
個室の囲いの下の解放部が異常に高くて広く、しゃがんだ足や、ひょっとすると下半身が見えてしまうかもしれないトイレ。幸い(?)上半身や顔は見えないので、プライバシーはギリギリ保護されている。 

レベル2(中級)
個室の囲いが異常に低く、どんな人が入っているのか普通に上から見下ろせてしまうトイレ。幸い(?)下半身は見えないので、人間の尊厳はギリギリ保たれている。

レベル3(上級:プロ級)
個室の囲いすらなく、すべてを白日の元にさらすトイレ。何事にも動じず、細かな事にとらわれない崇高な精神レベルに達した者だけに使用を許された究極のトイレ。排泄行為は生きとし生けるもののごく普通の行為。それなのにお前は何を気にしているのだと、見る者の心の小ささを指摘しているかのような、強烈なオーラを放っている。

で、背に腹は代えられず、レベル2のトイレの個室へ入る。当然トイレは洋式ではない。
個室の囲いの高さは私の胸の高さくらい。
また、トイレルームの入り口に扉もないので、お店の中もここからよく見える。そやからズボンを下ろしている時に、お店のウエイトレスと目が合う(><)
キッつぅっ!

もう何でもええわっ!
ってな感じで開き直って用を足していると、おっちゃんが一人トイレに入ってきた。そう、入ってきたのがおっちゃんだということが、用を足している最中でもとてもよく解る(笑)

もう一刻も早くここを出たい気持ちでズボンを上げていると、もう一人おっちゃんが入ってきて、小の方を使用し始めた。

私は改めてここのトイレルームが狭いってことが、ホンマによう解ったわ。



おっちゃんが使っている小の便器は私の個室の真ん前にあるんやけど、私の個室の扉は外開き。おっちゃんが邪魔で、おっちゃんがどかんと出られへん(^^;
マジかよっ

ホンマ上の絵のような感じ。
めっちゃまぬけやわ。
そやからいうて、もう一度しゃがんむんもヘンやし。(どっちみち丸見えやし)

そうしてしばらくの気まずい時間が流れた後、ようやく解放された。
なんかヘンな汗をかいたわ。

気を取り直してお店に戻り、定食を注文。

二日酔いの気分の悪さは相変わらずやのに、なんで「とんかつ定食」なんか頼んでしもたんやろか?自分で自分を叱ってあげたい。しかもめっちゃボリュームあるし。。。

今日のこのお店、あまりお客がいなくて、ウエイトレスさんも暇そうにしてる。
暇そうにするんはええんやけど、私が食べてるのをじっと見てる(^^;
最初は二メートルほど離れてたんやけど、お茶をもう一度入れてもらったら、なんかすっごく近いとこに立って、めっちゃ見てるし。
どれくらい近いかというと、手を伸ばしたら触れられる距離(笑)
たぶん、お茶なくなったら入れようと思っとるんやろうけど、近すぎやろ!
ああ、視線を感じでめっちゃ落ち着かんっ。
なんかヘンな汗が。。。

早く食べてお店を出よう。
そやけど、二日酔いの気分の悪さから食の進みも遅い。
とんかつも二切れ残す。
何とかサラダや茶碗蒸し、フルーツは食べられたんやけど、見るからに味が濃そうな色をした肉じゃがだけは、どうも食えんかった。
そしたら、
「にくじゃが食べないんですか?」
とウェイトレスが聞いてきた。
ほっといてくれ〜〜(><)
「今日はやめときます」
我ながら妙な返答やわ。

そんな訳で、逃げるようにお店を出た。
ただ昼食を食べに来ただけやのに、めっちゃ疲れたわぁ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/22 立石 圭二]
[11/28 あう〜]
[11/28 tetsu]
[11/19 あう〜]
[11/18 Y・H2]
プロフィール
HN:
あう〜
HP:
性別:
男性
趣味:
テニス、お絵描き、あと最近アニメも観始める。
自己紹介:
現在、中国は江蘇省太倉市に在住。
2000.4月から2002年3月までホームページを開設していましたが、環境が忙しくなり閉鎖。
現在はある程度時間がとれるようになったので、ゆるゆると活動していこうと思っています。
H.N.の由来は、SEGAのVirtua Fighterのウルフ使いだから。SEGAのゲームをこよなく愛している。
ブログ内検索
たこやき
バーコード
P R
フリーエリア
深海特急- <-< 海ホタル >->- 接近遭遇の日 Produced by あう〜
スノーマン Designed by がりんぺいろ 独自ドメインブログ
忍者ブログ [PR]